2016年02月17日

実践からの学び

冬の台峯緑地
冬の台峯緑地.jpg

私の周りには、勉強熱心な人が多いです。
年齢を重ねても向上心が旺盛で、自主的に学び続けているって立派です。
学び続ける人というのは真面目で努力家、そして謙虚です。

私は、勉強も好きですが、勉強したことをすぐ実際に活かして行動したいタイプで、コツコツと勉強を続けるのは苦手。研究者にはなれないと思います。

実際に行動することで、分かることはいっぱいある。
問題にぶつかっても、そのことで初めて課題が分かり、勉強する意欲も湧くというもの。
というのが私の持論。

本を読んで理解しても、自分で解決策を探したことにはならない。その知識を使う場所がなかったら、自分の身につきにくいです。
勉強して得た知識は大事だけれど、実際に体験して、自分の力で問題を解決しようと考え模索する過程で、その知識が実感を伴って身についていくと思います。
しかも、実際に役立つ勉強を更にしようという気持ちも自然とでてきます。
それは楽しい循環です。
楽しい循環にはまって成長していきたいと思います。
posted by 幸 at 16:47 | Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月16日

肉親も他人も人と人

白梅
白梅.jpg

先日「気持ちの代弁者」に書いた件で、今日、担当のケアマネージャーさんにお会いしてきました。
もしかしたら、私のような介護福祉に素人の傾聴ボランティアの意見など聞いてもらえないかもしれないけれど、とりあえず、私が関わっている利用者さんご本人の気持ちを伝えようと思って出かけたところ・・・
案ずるより産むがやすし。思いの外、ケアマネージャーさんは快く迎えてくれて、よい話し合いになりました。
ご本人のこともよく見ておられるし、ご家族のことなど現状を総合的に判断して、一番よい選択肢を探そうとなさっているのが分かりました。
ご本人の気持ちも大事にしたいという思いもしっかり持っておられたので、傾聴ボランティアとして協力させてもらえる感触を得ることができました。
人の善意というのは通じ合うものですね。

行ってよかったと思いました。
傾聴ボランティアを引き受けたら、担当のケアマネージャーさんにはできるだけ早く会って、連絡を取り合いながら動けたらもっといいだろうと思いました。

ところで、今日の会話の中で印象に残ったこと。
「ヘルパーさんや傾聴ボランティアが来ている時、本人の笑い声が聞こえる。自分達(家族)と一緒の時には笑ったことがないのに。」
ご家族が仰っていたそうですが、例え素敵なお家(その方のお家はきれいに整ったお家です)であっても、そんな環境で生活するのは精神衛生上よくないはず。
ケアマネさんの話によると、そんなご家庭が結構多いそうです。家族の関係は実際には冷たいのに、それでも家族を中心に考える人が多いのかもしれません。

家族が仲良く暮らすのが一番だけれど、うまくいかない時もあります。
そんな時、むしろ少し距離のとれる立場の人にできることってあると思います。
人と人との結びつきは血縁だけではないと思う。
家族が一番大事、家族は特別、という気持ちがしっかり根付いている人って多いです。
夫婦であっても、夫婦なんてしょせん他人だから、ともよく言われることです。
でも、血縁と他人とをそんな風に分けてしまうって寂しいなと思います。もう少し広く他人に対して気持ちを開いてもいいのに、と思うのです。
肉親も他人も、人と人なのですから。
posted by 幸 at 15:33 | Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月15日

基本的に一人一人違う

大船観音
大船観音.jpg

あるドラマの結末について、人と感想を述べ合っていた時、その人と私とでは全く逆の感想でした。
そのドラマの結末については、見た後の意見が大きく二つに分かれる、という解説を聞いていましたが、私とは真逆の感想に触れて実際にそのことを実感しました。
意見の違う彼女とはドラマの話はそれきりになりましたが、もし彼女も私と同じ感想だったとしたら、大いに会話は盛り上がり、気分も高揚していただろうと思いました。
実際、同じドラマを見た夫とは同じ感想だったので、二人で大いに感想を述べ合い共感し合ったのでした。それもまた、夫が違う意見だったとしたら、もしかするとお互い不快感をあらわにしたり、口論になってしまったかもしれません。

こんな風にちょっとしたことで、意見が同じだと気分を良くして連帯感を持ち、意見が違うと不快になって気まずくなることって日常よくあります。
小さなことだと、別にどうということなく流せるのですが、自分が強く関わっていることとか、強く思っていることの場合、譲れない!みたいな気持ちが出てしまうことってあります。
そんな時は、自分が何に力を入れているのか、自分自身の思いや考えを改めて見てみるチャンスだと思います。
いいとか悪いとかではなくて、です。

それから、人と違うことで不愉快になった時、思い出したいことは、人と自分とは全く違う世界に住み、違う見方をしているのだ、ということ。
同じものを見ても、一人一人、見方や感じ方って違うもの。それに、自分も含めて、その時々によって見方や感じ方は変わるものでもあります。
最初から違っていると分かっていれば、気は楽です。
同じところを見つけたら、感動ものです。

私たちは特に近しい人(家族や親しい友人)に対しては、自分と同じ見方・考え方をしてほしいと願ってしまうものですが、近い人であっても違うものなのです。
良い悪い、正しい間違っている、好き嫌い、ではなく、とにかく基本は一人一人違うだけだと覚えておきたいものです。
posted by 幸 at 20:46 | Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。