2014年12月03日

原点に還る

2年間に渡って受け続けてきた無空庵のゼロ意識共鳴セッション、先日が最後になりました。
セッション後、私が無空さんに送った感想メールから抜粋です。

日常生活では、私のキャラでドタバタしながらも、軽く流れるように暮らしています。
ずっと昔、父が、色々起こることを全部流していかないといけないよ、と言ったことが思い出されます。
その頃の私は、「流す」ということが全くできない状態でした。
今ようやく、その意味が深いところで分かります。「流す」というより「流れていく」ですね。

起きては消えていく諸々の奥にある「在る」に意識を向け続けることを教わって本当によかったと思います。

無空さんと初めてお話した時、「自分に自信がないんです」と言っていましたが、今は、ベースに
理由なき自信のような安心(最初に言っていた「自信」の意味ではありません)があって、
それは失いようがないと分かりました。
何もかも立ち位置、視点の違いで全然違うことも経験しました。

誰も皆、仏である、ということが心から理解できる。かと思えば、小さなことで苛ついたり怒ったりする。
そんな全てをそのまま笑って受けとめながら歩いていける。
何気ないことみたいですが、私にとっては奇跡的ともいえるほど有難いことです。
無空さんのおかげで、やっと原点に還ったという感じです。
これからは、原点からの展開を楽しんでいきたいと思います。

無空さんに心からの感謝と敬意をこめて・・・ありがとうございました。

以上です。
無空庵で使っていたのは「はるか」という名前でしたが、以後、このブログは私の本名「幸」に変えます。
posted by 幸 at 15:30 | Comment(4) | 共鳴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月19日

みんなの共鳴会

向き合って何も語らず、沈黙のまま見つめ合う。
向かい合って目を閉じ、左手の中指を胸に当て、右手の中指を触れ合わせる。

そのまま数分、静かな時間・・・

共鳴は不思議な交流です。

深いところで繋がっている命、心、愛が響き合うのかもしれません。

昨日、「みんなの共鳴会」に行ってきました。
posted by 幸 at 21:24 | Comment(0) | 共鳴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月17日

satorinさんのセッション

satorinさんが無料お試しセッションを受付されています。

satorinさんの分かりやすくシンプルな中に深みがあるブログを読んで、以前からお話してみたいな、と思っていたので、思いきって申し込ませてもらったところ、快く承諾していただき、先ほど、セッションしていただきました。

これまで合同共鳴などで声は聞いているけれど、スカイプを通じて対面するのは初めてです。
でも、可愛らしい笑顔と見事な自然体に最初から心がほどけて、親しくお話させていただきました。

セッションは、無空さんとはまた違った味わいの、素晴らしいものでした。
女性的というか、まあるくて温かい、どっしりした安心感があって、心地よいくつろぎの中に溶けていました。
satorinさんのゼロ意識と響き合うのが分かりました。
魂が喜んでいる、と感じました。

言葉を使ってお話するよりもっとストレートにパワフルに伝わるもの。
共鳴っていいものだな、と心から感じた時間でした。

ゼロ意識といっても何か特別なことではなく、普通の生活を普通に楽しみながら、軽々と深く生きていくことの素敵さを確認させてもらった気がします。

satorinさん、ありがとうございました。
posted by 幸 at 13:48 | Comment(2) | 共鳴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月01日

冴え返り冴え返りつつ春なかば

昨日は暖かい日でした。
夫と、夫の友人ご夫婦と一緒に、梅の花が見ごろを迎えた鎌倉・瑞泉寺に行ってきました。
梅.jpg

瑞泉寺の入口に書かれていた俳句が目に止まりました。

冴え返り冴え返りつつ春なかば

「冴え返り」とは「寒もどり」の意味だそうで、いったん緩んだ寒気がまだぶり返すこと。
暖かくなったり寒さが戻ったりしながら、それでも着実に春が定着していく様を詠んだ句です。

昨日ご一緒した方の名前が、冴子さんだったので、みんな興味を持ってこの句を眺めていたのですが、私自身は、自分の心の状態と重なる句だと感じ入っています。

心の平穏が保てるようになってきたな〜と思っていたら、昨日は嵐が吹いていました。
ちょうど、昨日は無空さんのセッション日だったので救われました。

先ほど無空さんに、次のようなセッションの感想を送りました。
...................................................................................
昨日は貴重なセッションをありがとうございました。

最近、淡々と生活できているな、と喜んでいたのに、昨日、犬のことで自分の思いや感情が次々噴出し、混乱するということが起こりました。
セッション前、どうしたらいいか分からない状態になってしまっていました。

無空さんにお話しながらも、その混乱は続いていました。
無空さんは私の話を相槌を打ちながら聞いてくれて、そして、いつもと同じく静かに黙っておられました。
少し沈黙があって、共鳴が始まりました。

共鳴:状況を説明して自分の気持ちを表したことで少し落ちついたかもしれません。
それでも、どうしたらいいの?という問いかけをしてもがいている自分、苦しんでいる自分がいました。
ただそのままじいっと、そんな自分の様子を見ている自分が無空さんと重なっていました。
何かしようとして苦しんでいる自分から離れる、が起こったようです。
起こっていることに任せる、そのまま在る、が浮かびました。

アイコンタクト:存在を信頼する、が浮かびました。涙が出て止まらなくなりました。

瞑想:瞑想なのに、とにかく涙がどんどん出てきていました。ただそれをそのまま観ている意識でした。

ハートの共鳴:まだ涙がでてきていましたが、静まってくる、収まってくるのが感じられました。

立場を替えて:素になる

ニュートラル:必要なことが起こっている。起こらせているのは愛であると感じました。

セッションの後、夫と犬の治療のことで話をしましたが、お互いの気持ちが触れ合った、よい話し合いになりました。
夜、病院に犬を迎えに行くと、少し状態が落ち着いてきていることが分かり、ほっとしました。

(以下省略)
posted by 幸 at 13:26 | Comment(0) | 共鳴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月09日

無空さんと「在る」に感謝

最近、日々起こってくる出来事に対しての私の反応が、穏やかで柔らかになりつつあります。
個人の私がでしゃばるのを控えた方が、物事がスムーズに流れることも分かってきました。
マインドに巻き込まれてしまっても気づいて戻ることができる安心感があります。というか、「在る」から起こることに任せていて大丈夫、という感じでしょうか。

以前は、個人の私がよく躍起になっていました。自分の中で悪戦苦闘した挙句、楽になりたい、と求めるその思いにも無駄な力が入っていたな〜と思います。

やはり「在る」がベースにあることで、自然に力が抜けてきているようです。
心の余裕というのは、こういうことなのですね。

無空さんのセッションを受け始めて「在る」を意識する日々も、もうすぐ一年になります。
遅々としていますが、それでも少しずつ本当の意味で楽になってきていることが嬉しいです。
無空さんと「在る」に感謝。
posted by 幸 at 22:25 | Comment(2) | 共鳴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする