2015年05月31日

禅のイベント

今日は六本木ヒルズ49階で行われた「臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱」記念企画「禅ってなに?」というイベントに参加してきました。

六本木に出かけるなんて久しぶりで、ちゃんと会場までたどり着けるかな?と少し早めに出発したら、なんと、電車の中で円覚寺の雲水さんたちに遭遇。思いきって声をかけて、ご一緒させてもらうことにしました。
おかげで、乗り換えも迷うことなく無事、会場に着きました。
一列になって歩く雲水さんたちは、行く先々で目立っていました。
六本木ヒルズに向かう雲水たち.jpg

私は円覚寺管長指導による「延命十句観音経写経」と、玄侑宗久師の「白隠禅師の瞑想について」に出席しました。
それぞれ面白かったのですが、何せ時間が短くてあっという間に終わった感じ。
場所の雰囲気のせいか、人が多かったせいか、高揚した気分のイベントでした。

写経の時、3月の報恩坐禅会に参加していた千葉の女性とばったり出会いました。
報恩坐禅会では全くおしゃべりする機会がなかったので、今日初めてお話して、二人で「禅僧との対話」に参加することに。
東京のお寺の住職さんに色々為になるお話を聞かせていただきました。
たとえば「区別」と「差別」のお話。
精進料理では、野菜の全部を捨てることなく食べる。皮や芯などは、柔らかい実の部分とは違うけれど、その違いに合わせて調理する。「区別」とは違いを違いとして認め受け入れること。それに対して、「差別」というのは、その違いを認めることなく拒否・排除すること。
何事も「差別」ではなく「区別」するのがよい、というお話でした。
違いを認める。違いを認めない。例えは野菜料理の話だけれど、よく考えてみると、全てのものにあてはめられるお話だと思いました。

いつもは近所の円覚寺の座禅会や説教会に参加して満足しているのですが、円覚寺つながりで、今日のような大きなイベントに参加して、千葉の方ともご一緒でき、少し世界が広がった一日でした。
posted by 幸 at 21:30 | Comment(0) | 体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月25日

手当ての効果

今日、夫が「くしゃみをすると首筋からおでこにかけて、頭が痛い」というので、夫の頭に手をあててみました。
すると、確かに、頭に強烈な熱のようなものを感じました。

しばらく手を当ててじっとしていると、その熱の感じは引いていきました。
そのまま首から背中など体のあちこちに手を当ててみると、背中の一部分に気になる場所があって、そこにもしばらく手を当てていました。
夫に尋ねてみると、背中のその部分に手を当てられている時、前頭のあたりに微細な痛みのような感覚がある、ということでした。

しばらくそのような手当てを続けました。

なんと、その後、夫はくしゃみをしても痛みがない!と言うではありませんか。
私の手当て、ヒーリングは効果がありました。

何か特別に意図をもって手を当てるのでなく、ただ無心でその場に居て、夫もまたその場に身を投げ出していた、というだけで、自然に事が起きました。
posted by 幸 at 21:29 | Comment(0) | 体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月04日

須崎先生

昨日、久しぶりに片道2時間かけて須崎動物病院に行ってきました。

須崎先生の症状についての考え方や治療方針は普通の動物病院とは全く違います。
なので、一般的な治療とは異なる方法ですが、私たちは先生のやり方を信頼して、約6カ月、先生の治療法に従ってきました。
近所のいわゆる普通の動物病院での治療(定期的に血液検査をしては薬やインスリンを投与する)も続けながら併用してきたのです。

血糖値は下がってきたものの、肝臓の数値は高いまま。検査の度に、数値を見てはがっくりしていました。
しかも最近になって白内障の兆候がでてきたことにも驚き慌てていました。

ところが、須崎先生とお話してみて、うちの犬が確実に回復に向かっていると分かりました。
血液検査の数値だけで良い悪いと判断すること自体が間違っていると再認識することができました。

それにしても、須崎先生というのは不思議な方です。
風貌も言動も型破りで、親しみやすい先生。
先生の病気や治療についての考え方を全部は理解できてないのだけれど、それでも、なぜかこの先生の仰ることを信頼してしまっています。私だけでなく一緒に行った夫も同じ感じ方でした。
先生が床に寝っ転がってうちの犬の目を見て、「こんなにキラキラした目の子は絶対大丈夫だよ」と仰ると、ほんとにそうだな、と安心してしまうのでした。

検査結果の数値を示しながら、一方的に難しい説明をなさる真面目でいかにも良心的な近所の動物病院の先生とは違う。

先生のキャラクターの差?人間性の差?それだけでもない気がします。
不思議なことに私も理由は分かりませんが、この上手く説明できないやり方で犬の様子をみていこう、と決めました。
posted by 幸 at 09:02 | Comment(0) | 体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月16日

エンカウンターグループ

バルコニーの紅蜀葵(コウショッキ)
夏!紅蜀葵.jpg

行き詰まり感を覚えていました。
自分の中に焦りとか迷いとか色々あって…
そんな私の気持ちを皆の前で話してみる機会がありました。
傾聴マスターズコースのエンカウンターグループの時間です。

エンカウンターブループというのは、「自身と出会う(エンカウンター)グループで、自分自身のことを開示したり、他者の発言から深く考えることによって自分自身や他者のこころの動きを感じる練習を繰り返し行っていくコース(シニアライフセラピー研究所のパンフレットより)」です。
数回受けてみて、実際には、沈黙が続くことも多く、話が始まっても、表面的にとどまってしまいがちに思われました。
それ程親しくない人の前で自己開示するのは(特に日本人にとっては)難しいし、2時間という時間は短いかも、と、私なりの判断をして、エンカウンターグループを行うことの意味について懐疑的になっていた私でした。

でも、一昨日は、少し気持ちを切り替えて臨んでみました。
私が話したことに色んな反応が返ってきました。
うまく伝わらない部分もあるし、う〜ん、そうかなぁ?と感じるものもあるけれど、どれも、みんなの善意の言葉、優しい気持ちから出てきた言葉ばかりなのはよく分かりました。
気持ちがすっきりして問題解決、という風にはならないものの、ただ、その場に自分が心を開いて居ることで、こころがほぐれているのは確かでした。くつろいだ和やかな空気が心地よく感じられました。

「行き詰まっている」という言葉を使って表現している自分の思考パターンとか考え方のクセがぼんやり見えました。自分が考えるように物事が進まないことに苛立っているものの、行き詰まっているとは言えないと分かりました。

人々との対話の中で、こんな風に深く気づいたり色んなことを感じたりするのって珍しいことだ、と後で思いました。
私はどちらかというと、一人で瞑想したり座禅したり、一人の静かな時間をもって自己の内面深くに潜ることを大事にしてきました。
けれど、他の人たち(それも、そんなに親しくない人です!)と相対して、自分が心を開いて在ることは、もしかすると自分一人で深く潜ることと同じではないだろうか?と思いました。
みんな深いところで繋がっていて、自分も他人もない、みんなひとつなのだと、そんな風にまで思いがめぐりました。

これは素晴らしい発見です。どんな時も、自分が心を開いている、ということがポイントなのですね。
posted by 幸 at 16:52 | Comment(0) | 体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月20日

みんなの共鳴会

今日はヒーラーの嶋田さんが開催されている「みんなの共鳴会」に出かけてみました。
「あるがままの集い」は、ゼロ意識共鳴セッションを受けている人たちの集まりですが、今日の共鳴会は色々な人が集まっていました。
主催者の親しみやすい雰囲気なのでしょうか、数名、知り合いが参加していたからでしょうか、初めて参加させてもらったのですが、最初からリラックスして楽しい時間を過ごすことができました。

知らない人と向かい合って見つめ合う。
日常生活では、そんな時、何かかける言葉を探したりするものです。また、風貌や服装などから受ける印象に注目して「この人はこんな人だな」とか考えたりしてしまいがち。
でも、そのようなことは脇に置いて、ただ見つめ合う時、私の奥の存在と相手の奥の存在とが出逢っているのだな、と不思議な感慨がありました。

また、お互い目を閉じて、左手の中指で自分の胸に触れ、右手の中指の先端を相手の中指の先端と触れ合わせるというのも体験しました。
ある人とそのように向かい合っていた時、どちらかが意図的にしたというのでなく、自然に触れ合った手が動いて、共にその動きに任せる、ということが起こりました。心地よい体験でした。

日常とはひと味違った人との触れあい、関わり方を体験できた貴重な機会だったと思います。

自分一人で内側に意識を向ける静かな時間もいいですが、雑音や雑念を超えて他の人と触れあうこと、繋がることで得られる感覚、「共鳴」はそれに勝るかもしれないと感じた時間でした。
posted by 幸 at 19:17 | Comment(0) | 体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。