2016年02月14日

本当の知恵って

東慶寺のマンリョウ
まんりょう.jpg

NHK Eテレに「100分で名著」という番組があります。
普段なかなか読むことができない様々なジャンルの名著を25分の番組4回で紹介するもので、宗教や人生哲学、心理学などに関するものもあり、興味深いと思うものは時々見ています。
今月はアドラー心理学がテーマなので、チェックを入れて見ています。

この番組については、要点が完結にまとめられているし、分かりやすく説明されていて、なるほど〜と納得したり感心したりするのだけれど、見た後、いつも内容をすぐに忘れてしまっているのはどうしてでしょうか。
名著と言われる本は、やはりかなり深い内容が詰まっているので、その要点を簡単にまとめて紹介されたところで、本当の意味で自分のものになることはないのでしょう。
当然といえば当然です。
とりあえず、目次を見たということで、興味があれば自分でじっくり読め、ということなのかもしれません。
(それがなかなかできないから、こういう番組を見てしまうのですけど)

そして思うのは、真実を説明した答えのようなものを読んだところで、それは単なる知識でしかなく、自分の中で生きる知恵にはならないということ。
偉い人の話を聞いて感銘を受けてもそれは同じです。
日々の生活で体験しながら、実際に自分の心の中で思い出したり反芻したり考えたり悩んだりしながら、ある時気づくこともあるだろうし、徐々に沁みていくこともあるかもしれない。
熟成期間があってこそ、本当の知恵として定着するのだと思うし、それこそ価値あるものだと思う。

日々の生活の小さな出来事、自分の中に湧きおこる小さな気持ちもまた、名著で語られる真実に近づくカギになる。
そんな風に生きていきたいですね。
posted by 幸 at 12:35 | Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。