2016年02月12日

気持ちの代弁者

エリカの花
エリカ.jpg

高齢者が認知症だと診断されたら、その人の言うことはそのまま鵜呑みにしてはいけないのでしょうか。

私が1年半、傾聴ボランティアとして関わっている高齢者が、数ヶ月前に病院で検査を受け、認知症という診断を受けました。
彼女は息子夫婦(二人とも働いている)と同居ですがコミュニケーションがうまくとれず、常に疎外感を感じながらも、世話になっているという負い目を感じて小さくなって暮らしてきました。
私が訪問してお話を聞くと、どこかでいつもその寂しさや不満、やるせなさみたいな気持ちが感じられました。

認知症の診断を受けてから、彼女の介護度は上がり、介護プランは変更になったようです。
昼間、一人で居る時間がよくないと判断されたようで、週2回、デイサービスに出かけるようになりました。
彼女が語るには、デイサービスは全く楽しくなくて行きたくないのだけれど、行けと言われるので仕方なく行っている。
デイサービスでお風呂に入らなくてはならないのが苦痛なのだけれど、嫌だと言うとわがままだと言われるので、やはり仕方なくお風呂に入っている。
彼女の言い分をどうとらえたらいいのでしょう?
傾聴ボランティアとして、彼女の気持ちを汲んだら・・・私の気持ちは複雑です。

彼女を担当しているケアマネージャーと電話で話をしました。
ケアマネさんとしては、ご本人の気持ちは察してはいるけれど、医者の診断やご家族の話の方に信頼を置いているという印象を受けました。
私はとりあえず、これまで本人から聞いた気持ちを伝えてはみましたが、それがどこまで信頼できるものとして扱われるのか分かりません。
実際にケアマネさんに会ってお話をする約束をしました。
私の正直な気持ちとして、本人の代弁者として、できるだけのことをしたいと思っています。
posted by 幸 at 20:12 | Comment(0) | 傾聴ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。