2016年02月11日

自分が試される場面

円覚寺・如意庵の竹林
竹林.jpg

この間、「ぴかぴかフォーエヴァー」を書いた時、相手の方との会話をきちんと説明しないで、簡単にまとめてしまっていました。
後になって読み返してみて、これはあまりに事実と違うな、と思って、昨夜、書きなおしました。

実際には、相手の方(難病で寝たきり)から(どんどん病気が進行してるのを感じるんだけど)「どうしたらいいと思う?」と問いかけられて、言葉に窮していたのでした。
どんなに辛く絶望的な気持ちだろう。彼女よりずっと若くて体も元気な私が、一体なにを言えるというのか?
苦し紛れに、私の思うことを正直に述べてみたというのが正直なところです。

一つ間違えば、「何を生意気なことを言ってる!あなたに何が分かる?」と気分を害されても仕方ない場面でした。
ところが、それが思いがけず上手くいった、というか、彼女との会話が進んでいき、彼女は自分の生きようとする力を発見し、私はその生きる力に触れて勇気をもらいました。

ある意味、真剣勝負の場面、その時の自分が試されるような状況って実は私、大好きです。
その緊張感、緊迫感がたまりません。
それこそ、今を生きている、という醍醐味です。
posted by 幸 at 17:14 | Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。