2016年02月07日

自分の中の恐怖

北鎌倉駅近くの梅
北鎌倉駅近くの梅.jpg

先日、ある方から、私は自分の内側で色々なことを感じたり考えたりしているけれど、それをもっと外に表した方がいいと言われました。
確かに、私の傾向として(意外に思われるかもしれないけれど)あまり目立ちたくない、控えめでいたい、という気持ちが働いています。
何かの活動をする時も、リーダーになるのではなく、二番手になってリーダーを手伝う役柄を望むし、何かを学んでいる生徒の立場になることは多いけれど、教える立場になることは殆どありません。主役より脇役を選んでしまう。
グループの中にいたら、周りの雰囲気を感じながら和やかにしようとつとめつつも中心にはならないタイプです。

改めてそのことを考えてみると、どうも自分の中に「恐怖」があるようです。
その恐怖というのは、目立った存在になると、他の人からやっかみや嫉妬などを受けてしまうことへの恐怖だと思いつきました。

私は子供の頃、田舎の小さな小中学校に通っていましたが、両親が教師だったことで、特別視されていました。神経質で気弱な一人っ子だった私は、周りからの期待や好奇の眼差しを常に感じて窮屈な思いをしていました。「よい子」でいなくてはいけないというプレッシャーはいつもありました。実際、学校の勉強もできて「よい子」だったので、先生たちからも大事にされていたのですが、周囲の友達からは「ひいきされている」などとやっかみで嫌われたり意地悪されたりすることも多くありました。
周りの大人たちだけでなく、友達にも気を使いながら、びくびく生きていた記憶があります。

さらに、私が女性であることも関係しています。
私の父や家族は、女性は慎ましやかであるのがよい、強い女性は男性に嫌われる、という昔ながらの考え方で、その影響を受けているな〜とも感じます。
私が若い頃は、今と比べると、ずっと男性優位の社会でした。女性として社会で賢く生きていく術を私なりに探っていたのかもしれません。
男性に嫌われたくない(好かれたい)、という私自身の気持ちも大いに反映されています。

こんな風に自分の内面を探っていくと、他の人から嫉妬されたり誤解されたり嫌われたりする「恐怖」が、私の自然な動きにブレーキをかけていたのだと気づきました。
「恐怖」ゆえに必死で身の安全を守ろうとしていたのです。

自分の内面の「恐怖」に気がついて、何となく軽くなったような晴れたような気持になりました。
この「恐怖」はかなり根深いものだと思うので、そんなにすぐ晴れわたらないかもしれないけれど、折にふれて今のこの感覚を思い出しながら生きていきたいと思います。
posted by 幸 at 15:06 | Comment(2) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はるかさん、こんばんは。
お久しぶりです〜

とっても素晴らしい気づきです!
そうやって原点に気づくと初めて自分で掛けていた制限が外れますよね。
今、私の周囲でも、そうやってどんどん気づきが深まっている人が増えていますよ〜
そういう時期、タイミングみたいです。

シェアありがとうございました(^▽^)/
Posted by manana at 2016年02月07日 19:53
mananaさん、お久しぶりです〜
コメントありがとうございました。

幾つかの偶然の出来事が重なって、このような気づきに至りました。
時期やタイミングがありますね。
Posted by 幸 at 2016年02月09日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。