2016年03月25日

失うことは解放されること

今朝、台峯緑地で見つけた山桜
山桜.jpg

今朝のNHK朝ドラ「あさが来た」の中で、成澤先生が死を意識した新次郎に「慰めになるかどうかは分かりませんが」と前置きして言った台詞が印象に残りました。

生と死というのは違いは無いのです
生があるから死があり 死があるから生がある
この二つは常に一つのリズムとして我々の日常を流れています
そして この身体はただの衣服であり
本当の身体はもっと 奥にある
そしてそれは 永久に滅びません

母が亡くなり母の葬儀があって、死を間近に見てきたばかりなので、タイムリーにフィットする内容でした。

人の人生というのは、ひとつの大きな脚本のようなものだと思います。
一人の人が死ぬことで、死んだ人はその脚本から自由になる。
意識がなくなって、身体がなくなって、「存在」に還っていくのでしょう。
亡くなった人と関わりのあった人はそれぞれ、自分の脚本の中からその人のパートがなくなる。
その時、いなくなったその人の存在が自分の脚本の中でどんな意味を持っていたのかを知ることになる。
大きな存在であればあるほど、その喪失感は大きいけれど、反面、その部分から自由になるとも言えると思います。

失うことは解放され自由になることでもある。
私の実感です。

思えば、これまでの人生でも、その時自分にとって大事だった人やもの、環境などを失う経験があって、その時は失いたくないと抗ったり、悲しみにくれたりしましたが、よく考えてみると、失ったことでぽっかり空いた空間にどこかでほっとするような自由を得たような感覚もまたあった気がします。
私たちは、ともすれば失うことを恐れ、抗い、悲しんだりさびしがったりしてしまいがちですが、そんな時こそ、もっと奥にある感覚に意識を向けたいと思います。



posted by 幸 at 11:29 | Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月21日

母の死

七里ガ浜から江ノ島をのぞむ
今日の七里ガ浜.jpg

倒れてから一ヶ月、母は昨日の早朝、静かに息を引き取りました。

死亡確認してくれた若い先生が、一ヶ月という時間が死を受け入れるのに必要な時間だったと思うと仰いました。父にとっても母にとっても私たちにとっても、確かにそうだったかもしれないな〜と感慨深くその言葉を受けとめました。

意識が全くないまま少しずつ痩せていき、死に近づいていく様子を見守ってきて、最近では顔が死者の顔つきっぽいと感じていましたが、息を引き取ってからの母は「死体」になったのがよく分かりました。
涙は流れましたが、この絶対的な現実を前にして、ただ静かに受け入れるばかりでした。

母がこのようなことになって、周りの人たちには本当に色々な言葉をかけてもらいました。
「つらいでしょう。悲しいでしょう。」と悲しみを思いやってくれる方。
「体を壊さないように。」と私の体調を気遣ってくれる方。
「最後まで希望を捨てないで」と言ってくれる方。
それぞれの方にそれぞれの優しさや思いやりが感じられるので、有難くその気持ちをいただいています。

この一ヶ月の間に母との間にあった確執は溶け去り、母が亡くなった今、私の心の中には、いつでも母を感じることができる暖かい心の場所ができています。
それは不思議な感覚です。
母は肉体を離れて、私の中に生きているのかもしれません。

母の葬儀は諸々の事情で数日後になりました。
少しの間、私自身の休暇をとりたいと思っています。

posted by 幸 at 20:06 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月14日

母のこと

彼岸桜
ひがんざくら.jpg

母が倒れて意識不明になり、意識が回復することはないと言われた後、私は母のことを考えて眠れない夜を過ごしました。

私は幼い頃から母が嫌いでした。
母は教師として働いていたので、私の世話は祖母がしてくれていました。
祖母を母親のように慕い、母との間には気持ち的に距離がありました。
祖母と母とはよく喧嘩をしていて、幼い私は心を痛めながら、祖母の側についていたのでした。
母は世間体を気にする人で、私に対して自分の価値観を押し付けてきました。
私はいつも「良い子」でいなくてはならないプレッシャーを感じながら、反発を覚えていました。
きちんと話を聞いてもらえてない、私のことを分かってもらえてない、認めてもらえてない、という不満と寂しさがありました。
大人になって年を重ね、母にそれなりの優しさで対応することができるようになったとはいえ、
母とは感じ方も考え方も価値観も違っていて、それはどうしようもないと思えました。
母とのつきあいはぎこちなく、気を使いながらの関係でした。

突然、母が倒れ、もう母と会話することができないと分かって、ああ、とうとう母と心通わせることができなかったな〜という残念さに打ちひしがれました。
それと同時に、もう母に気を使う必要はないのだ、という開放感も味わっていました。
小さい頃からの母との場面場面を一つずつたどり、また、母がどうしてそのような行動をとったのかに思いを巡らせ、母の人生を思いました。
母は母の重い人生があり、懸命に生きてきたことを再確認しました。
そのうち、母から意識的無意識的に受けてきた重圧感のようなもの(エックハルト・トールの言う「ペインボディ」でしょうか)が抜けていくのを感じました。
母と私との間にあったぎくしゃくしたもの、私の母に対する思い、その長い長いストーリーの全てが私自身の外側にあることが実感できました。
何だかすっかり自由になった感じがして、正直とまどいました。

母は常に外に対して緊張していた人で、それが表情にも現れていたものですが、意識不明になってからの母の顔は穏やかです。
母が抱えていた重荷から解き放たれたのだろうと思います。

先日、私一人で母を見舞い、母と対面した時、母への気持ちがすっかり変わっているのに驚きました。
母に対して素直に感謝と愛を感じている私がいました。母のことが好きになっていました。
とてもリラックスして、母に自分の気持ちを語ることができました。
母との関係はようやくニュートラルで自然な愛に戻りました。
posted by 幸 at 21:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。