2013年11月30日

体調が悪い時

少し疲れているのか、胃の具合があまりよくありません。
私はもともと胃が弱くて、逆流性食道炎と言われたこともあります。(特に何も治療はしていませんが)
体調が悪くなると、だいたい胃が悪くなる体質です。
胃の具合が悪い時は、空腹感が少ないのに、食べたら普通に食べられてしまうので、つい惰性で食べてしまういがち。空腹感のない時は、食べないか、もしくは食事の量をいつもより減らすのが弱った胃に優しいのでしょうね。(と思いつつ、食べちゃうのがよくない)

私くらいの年になると、病気というほどではないけど、体のどこかが痛んだり、具合が悪かったり、ということが頻繁に起こります。もっと若いころは、自覚した不調のひとつひとつをすぐ治そうと動いていましたが、最近は、身体というのはそういうものだろう、と悠長な見方になっています。
もともと病院嫌いなので、よほどでないと病院にはいかず、様子を見ながら自分で養生していることが多いです。

昨日、ハイキングに一緒に行った私より年上の人が、やはり病院嫌いで西洋医学以外の療法を色々試している方で、ああ、私以外にもこういう人がいるんだ、と親近感を抱きました。
体の一部分だけを治療するのではなく、体全体を整えたり自然治癒力を促すような療法がいいなぁと思います。

今夜は腹八分にして、ゆっくり休みます。
posted by 幸 at 17:52 | Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月29日

紅葉の北鎌倉ハイキング

今日は鎌倉市で一番高い山、六国見山に登りました。
一番高い山といっても、標高147メートルで、すぐ登ってしまえる山です。
低い山でも、視界が広がって見渡せる場所に立つのは気分爽快です。
今日は雲ひとつない青空が広がり、富士山もきれいに眺められました。
富士山.jpg
鎌倉から逗子にかけての海もきらきら光って見えました。
鎌倉の海.jpg
お弁当は、魯山人や小津安二郎も愛したと言われている北鎌倉駅前「光泉」のいなり寿司。
紅葉シーズンで混み合っているので、前日から予約して持って行きました。

山道を下って明月谷を抜け、明月院へ。そして足利尊氏の墓がある長寿寺を拝観しました。

温暖な気候のせいか、塩害を受けるせいか、鎌倉の紅葉は例年たいしたことなく終わるのですが、
今年は結構きれいです。
特に長寿寺の紅葉は素晴らしかったです。
長寿寺の紅葉.jpg

それにしてもよく歩きました。心地よい疲れがあります。
風はやや冷たかったものの空気は澄みわたり、晩秋の北鎌倉を満喫するにはよい日でした。
鎌倉は小さな町ですが、適度に自然と文化があって良いところだと改めて感じました。
posted by 幸 at 17:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月27日

伊賀上野の「ひのな漬」

近所に住んでいる両親から「ひのな漬」のおすそ分けをもらいました。
つけもの.jpg
「ひのな漬」はひのな大根という細い大根のお漬物で、私の故郷、三重県伊賀上野の特産品です。
両親が鎌倉に引っ越してきて8年。伊賀上野のお友達が毎年この時期に送ってくれるそうで、
私にとっても懐かしい味です。
薄切りにして葉っぱも細かく刻み、ポン酢しょうゆをかけていただきます。
ひのな.jpg
ご飯もお酒もお茶も進みます。

伊賀上野は高校を卒業するまで住んでいた故郷。
忍者の里、松尾芭蕉の故郷でもある低い山々に囲まれた小さな城下町。
遠い遠い思い出の町です。
その後、兵庫県時代があって、14年前に神奈川県に移ってきました。
住めば都で、どの場所も皆よいところに感じられています。

「ひのな漬」のおかげで、今日の夕餉には、ちょっぴり郷愁を味わいました。
posted by 幸 at 18:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。