2013年06月30日

誰を信じる?

宗教、スピリチュアルだけでなく、世の中には色々な分野で教えや指針があり、人を指導する立場の人がいます。その指導者が本物かどうか、その人が言うことが正しいかどうか、が取り沙汰されることもよくあります。

私はその人が本物かどうか、を見極めることがそんなに大事だとは思いません。
受け取る側(自分)が何を得るか、そして自分がどう受け止めて決定していくか、が全てだと思います。

どんな立派な先生に会っても、その時の自分にとって必要なことが受け取れるタイミングでないかもしれないし、その人の言うことが全て自分に合っているか、なんて分からない。合わないな〜という直感があれば、離れた方がいいのかもしれません。
逆に、評判の悪い先生からでも、その時の自分にとって大事な何かを得ることもあると思う。
受け取る側の姿勢によって、どんなものからでも学べる、とも言えます。

私はミニチュアシュナウザーという犬種の犬を飼っています。
初めて飼った犬なので、飼い方など分からないことだらけで、最初の頃は本やネットで調べたり、周りの皆から色んなことを教えてもらったりしました。
犬の飼い方についても、やり方や考え方は色々で、どれを選択したらいいのか迷うことも多々ありました。

ある時、同じ犬種を飼う知り合いが通っているトリミングサロンがいいというので、うちの犬も連れて行くことにしました。
サロンのオーナーはトリミングは上手で、飼い方全般の指導もしてくれる親切なサロンでした。
が、ドッグフードまで指定されてしまうのには閉口して、遠かったこともあり、通うのはやめました。

その店を勧めてくれた人は、サロンオーナーに絶対的な信頼を寄せていて、どんな小さなことも全て尋ねて言われる通りにしているようでした。
自分であれこれ調べたり試したりしていた私に、
「よく自分で判断できるわね。何でも聞ける人がいなくてかわいそう。あの店のオーナーは研究熱心で彼の言うとおりしていたら間違いないわよ。」
彼女は心から親切心を持ってそう言ってくれました。
それは分かるけれど、私は彼女の選択に違和感を感じていました。

その後、色々な飼い主や犬に会いましたが、皆さん、それぞれの事情や考え方、好みがあって、それぞれの飼い方をしているし、うちはうちの飼い方を模索しつつやってきています。
彼女と話した時に感じた違和感は、自分の感覚を大事にせず、他人を盲信することへの違和感だったのだと思います。

世間一般でこう言われているから、親がこう言ったから、先生がこう言ったから、ネットで誰かがこう言っているから、というのは参考にすればいいけれど、一番大事で、最終的に従うべきは自分の感覚です。
気づかないうちに誰かの言うことを全面的に信じてしまっている、そんなことがないか注意深くありましょう。
自分の本当の心を信頼して生きる。それが自分で自分に責任を持って生きることになると思います。
私はそうやって生きたいと思います。
posted by 幸 at 02:00 | Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月29日

初夏の来客

朝から掃除をしました。
お客様が来るからでするんるん
家に人が来るというのは嬉しいことです。
何より、掃除をして家がきれいになるぴかぴか(新しい)
誰も来ないとどうしても掃除を怠りがちになってしまうんですよね。

この前作ったヤマモモのコンポートを使ってゼリーを作りました。
ゼリー.jpg
昨夜、人参ケーキも焼きました。
初めてのお客様を迎えるので、ちょっと気合入りました。

今日会ったのは、昨日書いたテラさんのお話会で出会った女性です。
テラさんの本をお借りしたのがきっかけで時々会って話すようになりました。

北鎌倉駅で待ち合わせ、北鎌倉らしい小路を案内して「NESTネスト」でランチ。
「NESTネスト」は住宅街にひっそり建っているギャラリー兼カフェです。
テラス側の席で気持ちのよい風が吹いていました。(写真撮るのを忘れました!)
ご飯食べながら、スピ系の話に始まり、あれこれおしゃべりは続きました。

「ネスト」からうちまで歩いて、お茶タイム喫茶店
手作りしていたお菓子も喜んでもらえました。
ケーキ.jpg
やはり話はスピ系中心になりました。
あんまりこういう話をする友達がいない私たちなので、貴重な時間でもあります。
初夏の午後、うちにも涼しい風が吹いていました。
楽しいひと時はあっという間に過ぎました。

彼女が持ってきてくれたお花。
花.jpg
訪ねてくれてありがとう黒ハート

posted by 幸 at 17:40 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月28日

賢者テラさんのブログ

賢者テラさんのブログ「Eye of the God〜神の眼〜」
昨年夏前から読み始めたのですが、とても面白いです。

ブログ説明に
「現代における預言の言葉。黙示。
現代の常識、価値観では幸せになれない人たちへ。
新時代に合うものの考え方を紹介していきます。
あまりにも常識と違うので、戸惑われることでしょう。
でも、キリストはかつてこう言いました。
『耳のあるものは聞くがよい』。」

とあって、まあ凄い!一体テラって何者?と思い、ブログ全体の色調とか雰囲気で最初は引きましたが、読んでみると、本質的な内容がストレートにパワフルに語られていて魅了されてしまいました。

短編小説もいっぱい書かれていて、創作分野での才能も凄いですが、やはり私としては「メッセージ」がお勧め。
どのメッセージも辛口というか「えっ?!」と思う内容で、それでいて「う〜ん、ほんとにそうだ〜」と深く心に響くのです。

先日も書きましたが、スピリチュアルなメッセンジャーはそれぞれその人なりの表現をしているので、読み手としては、いいな〜とか腑に落ちるな〜、と感じれば、それを実生活に活かしていけばよいと思います。

私はテラさんのブログに夢中になり、昨年秋、東京で行われたテラさんのトークライブに出かけてしまいました。(こういうところに出かけるのって初めてだったので、私としては画期的だった〜)
実際にお会いしたテラさんは、ブログのイメージと大違い!関西人という感じのユーモアたっぷりの気さくな方で、そのギャップにびっくり。
でも、語られる内容はブログと同じ。溢れる愛と情熱、というかパワフルさもしっかり伝わりました。

その後もテラさんは精力的にトークライブをされて、ものすごい勢いで活躍されているようです。

私がテラさんについていいな、と思う点は、これが正しい!こうじゃなきゃダメ!というような言い方を一切しなくて、寧ろ、自動的にそういう反応になってしまうことに警告を発している点。すごく心が楽になるし、もっと深いところで勇気づけられる気がするのです。

テラさんのブログ、これからも眼が離せません。
posted by 幸 at 16:55 | Comment(0) | いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。