2016年06月12日

ブログはしばらくお休みします

昨日、座禅会に行く途中に撮った円覚寺の紫陽花
あじさい.jpg

久しくブログの更新をしていませんでした。
あれこれ忙しくて気持ちがブログに向かわなかったのですが、方々から私の事を心配して下さって連絡をいただきました。ありがとうございます。
私は元気にしています。
4月から5月にかけて、溝口あゆかさんのインテグレイテッド心理学を受講しました。
カウンセラーでありセラピストである溝口あゆかさんが豊富な臨床経験を通してまとめた心のしくみや潜在意識にアクセスする方法、究極の癒しについて学び、その流れで、5月にはEFT(感情解放テクニック)の講座を受けてEFTプラクティショナーになりました。
今月もそして秋にも別のセラピーを受講予定。母が亡くなり一人になった父の世話もあり、傾聴ボランティアの活動もあり、タッピングタッチをベースにした相互ケアの活動もあり、色々動いています。

そんなわけで、いずれまたブログを再開しますが、今しばらくはお休み状態になると思います。
よろしくお願いします。
posted by 幸 at 16:57 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月02日

気分転換

今日買ってきたいちご
いちご.jpg

母の葬儀が終わってやれやれ、と思ったら、今度は父と夫がぎっくり腰になりました。
大変なのは夫よりも父の方。ひどい便秘まで重なってかなり弱っています。
ほんとにまあ、どうしたことでしょう。
今のところ私だけ、どこも悪くなく元気に過ごせているので何とか無事に日々を過ごせています。
必要なことをこなしてはいるけれど、一つ間違えば私もストレス溜めてしまいそうです。
大変!と思い始めると限りなく大変になります。考えないようにして、目の前のことをこなすのみ。

気分転換にと思って、いちごをいっぱい買ってイチゴジャムを作りました。
いちごじゃむ.jpg
明日の朝食の小さな楽しみ。
posted by 幸 at 20:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月25日

失うことは解放されること

今朝、台峯緑地で見つけた山桜
山桜.jpg

今朝のNHK朝ドラ「あさが来た」の中で、成澤先生が死を意識した新次郎に「慰めになるかどうかは分かりませんが」と前置きして言った台詞が印象に残りました。

生と死というのは違いは無いのです
生があるから死があり 死があるから生がある
この二つは常に一つのリズムとして我々の日常を流れています
そして この身体はただの衣服であり
本当の身体はもっと 奥にある
そしてそれは 永久に滅びません

母が亡くなり母の葬儀があって、死を間近に見てきたばかりなので、タイムリーにフィットする内容でした。

人の人生というのは、ひとつの大きな脚本のようなものだと思います。
一人の人が死ぬことで、死んだ人はその脚本から自由になる。
意識がなくなって、身体がなくなって、「存在」に還っていくのでしょう。
亡くなった人と関わりのあった人はそれぞれ、自分の脚本の中からその人のパートがなくなる。
その時、いなくなったその人の存在が自分の脚本の中でどんな意味を持っていたのかを知ることになる。
大きな存在であればあるほど、その喪失感は大きいけれど、反面、その部分から自由になるとも言えると思います。

失うことは解放され自由になることでもある。
私の実感です。

思えば、これまでの人生でも、その時自分にとって大事だった人やもの、環境などを失う経験があって、その時は失いたくないと抗ったり、悲しみにくれたりしましたが、よく考えてみると、失ったことでぽっかり空いた空間にどこかでほっとするような自由を得たような感覚もまたあった気がします。
私たちは、ともすれば失うことを恐れ、抗い、悲しんだりさびしがったりしてしまいがちですが、そんな時こそ、もっと奥にある感覚に意識を向けたいと思います。



posted by 幸 at 11:29 | Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。